女性のための就業管理

女性が多い職場での就業管理には、ちょっとうれしい仕組みがあるところがあります

■記事(600文字以上)
就業管理を行う場合、その就業規則がどのようになっているかで、さまざまな対応をしています。特に女性の就業管理は、妊娠や出産といった女性独特の理由から、管理は細かいところまで決められていなければなりません。

女性が社会進出をするうえで、出産をあきらめたり、育児を放棄せざるを得ない状況になったりするのは、正しい社会進出とはいえません。しかし、実際には、いろいろな弊害などがあるのも事実です。

特に女性が多い職場に置いては、女性のための就業管理が整っていなければ、会社自体が成り立たなくなります。

妊娠、出産、育児に対する手厚いサポートがある会社では、女性は、家庭だけでなく、社会でも大きく貢献ができます。

特に小さい子供の育児に関しては、急な発熱等の病気やけがなどで、預けていた子どもを引き取りに行くなどの突然の対応があります。それらを行えない環境に置いては、女性が働くは無理があります。規則的にできたとしても、実際に帰れない状況であったり、周りの協力がなかったりすれば、意味がありません。また、就業管理において、これらがペナルティになるようでは、取るに取れない場合もあります。

しっかりとした環境を整えたうえで、女性にとって自分の力を出しやすい環境を整えることは大切です。

女性が多い職場においては、特に継続的に就業してもらうための就業管理の仕組みを取り入れて、多くの女性の社会進出がサポートできるといいですね。女性が活躍している会社の多くは、ちょっとしたサポートで、それを実現しています。

レベルの高い勤怠管理
時間集計から有休付与まで自動化され、間接部門の省力化促進。予定実績対比で労務コストをコントロール。
biz-work.jp/

«
»