人間関係及び仕事内容改善のための転職

人間関係はあくまでもどこの会社にも色々な人がおり、合うか合わないかは入社後でしか分からないのが現状だと思います。ある程度社会人として忍耐強く我慢することも必要だと思います。また給与面でも若手でスキルもそれなりであればアップすることはあまりなく、激増すれば激務である可能性が高いと思います。プライベート、仕事、何を優先するかが大事だと思います。また、女性であれば産休育休は要チェックすべきです。特に中小企業はまだまだ産休育休共に取りづらいのが現状で申告されているデータと異なるケースが多いと思います。実際に社員の人に確認する機会があれば絶対に利用するべきです。
転職後の変化は、次は転職はしないという覚悟で仕事に取り組むようになった心持ちが一番大きいです。以前は早く辞めたいや転職のことばかり考えていました。また、新しい会社では以前の会社と異なり残業も少なく、ストレスも軽減されプライベートと仕事にめりはりをつけることができました。その代わり、給与面はまた初任給スタートだったので少し下がりました。人間関係についても新たな出会いがあり、人脈も広がり心新たに仕事に励むことができました。転職により得るものと失うもの、両面を考えた上で行動するのが大切だと思います。

«
»