写真に携わるお仕事に必要な資格

私は写真に携わる仕事をしています。
仕事の内容は、主にPhotoshopを使った写真加工。
時にはカメラマンをやったりもします。
この世界に入るまでは、カメラなんて携帯やスマホでしかいじったことがなかった私。
もちろん、Photoshopなんて一度も使ったことがありませんでした。
こんな初心者を採用してくれた会社には、まったく頭が上がりません。

面接の時、最後に「何か質問はありますか?」と聞かれて、意味もなく「何か質問しなくては・・・!」と焦ってしまった私は、ひとつだけ質問をしました。
それは、「取っておいた方がいい資格はありますか?」ということ。
写真に携わる仕事ということはわかっていましたが、何しろ超ド素人なもので、何でもいいから事前準備をしておきたかったんですね。
まあ、取っておいた方がいい資格があったところで、すぐにその資格が取れるわけではないんですけれど。

でも、答えは「NO」でした。
自分で本を買って勉強したりしてスキルを磨くことはできるでしょうが、公的に取得できる資格や免許は何もないということでした。
ということは、事前に準備できることなど皆無!ということですよね。
必要なのは、未知の世界に飛び込む心の準備だけ。
かなり不安を感じました。

一応、関係ありそうな本を買って片っ端から読んでみたり、インターネットでいろいろ調べたりして、付け焼刃ながら自分なりに勉強しました。
でも、入社して3ヶ月経ち、半年経ち、1年経ち・・・気づいたことがあります。
それは、知識がものを言う世界ではないということ。
目が、指が、感覚が覚える仕事なんですよね。

なかなか難しい世界ではありますが、やりがいのある仕事です。
まだまだ覚えなければならないことが山ほどあるので、初心を忘れず精進していきたいと思います。

選べるシフト勤怠管理システム
簡単なオペレーションで勤怠管理も月額無料という驚異的なコストパフォーマンス
biz-work.jp/

«
»