事務作業中に知った特許出願中の自社アプリ

私が働いている会社はとても小さい会社なので、部署というものがないのですが、一応それぞれなんとなーく役割があります。
一般社員、技術者、管理者、というような感じで、かなりざっくりした感じではありますが。
私は一般職なので、技術者の方々がどういった業務に携わっているのか正直よくわかりません。
業務の性質上、彼らにかかわることがほとんどないんですね。

そんな中、先日暇だった時に、上司にチラシの封入を頼まれまして。
たくさんあるチラシを封筒に入れて、宛名シールを貼っていくという単純作業です。
時々手が空いた時などに。こういう事務作業を頼まれることがあるんです。
地道な作業は得意なので、全然苦痛ではないんですけどね。

チラシを封筒に入れているうちに、そのチラシの内容が目に入ったのですが・・・。
どうやら、技術者の方々が開発した自社アプリの宣伝チラシだったようです。
彼らがそんな仕事をしていたなんて、全然知りませんでした。

チラシには大きな字で「特許出願中」と書いてありました。
どうりで、最近しょっちゅう特許事務所から電話やメールが来ていたなぁ、と。
詳しいことはわかりませんが、特許出願中の文字があるだけでアピールポイントになるからどうたらこうたらと上司が話していた気がします。

しかし、チラシの封入作業中に偶然知るようなことではないと思うんですが・・・小さい会社だとそんなもんなんですかね。
やっている業務内容が違うとはいえ、同じ会社で働く仲間なのですから、もうちょっと情報を共有してもらいたいなぁ~とモヤモヤしてしまいました。

メーカーの就業管理システムはお任せ
iPsdやパソコンがタイムレコーダーに。簡単操作で外出先からでもデータ入力可能。
biz-work.jp/

«
»